スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

イギリス放浪記(5日目~最終日)

はー…すっかり放置気味のイギリス旅行記でしたが、最後の更新が
やっとできました。お待たせいたしましたm(_ _;)m


[5日目]
ロンドン→エジンバラ


CIMG6810.jpg
さて、5日目はとうとうロンドンを飛び出し遥か北のスコットランドへ!
↑写真は、ハリーポッターで有名なキングス・クロス駅。
ここから列車で3時間ほどかけて首都エジンバラへ向かいます。


ロンドンにいる間は友人と2人でしたが、今日と明日はひとり旅。
どきどきしつつも、車窓を眺めながらのんびりくつろぎモード。

CIMG6871.jpg
ほとんどの景色が田園風景で、あらためて
イギリスって本当に農業の国だなあと思いました。
ん~、なごむー(´∀`)♪



CIMG6893.jpg
そうこうしている間に、エジンバラに到着。
3時間はとても短かった…


そもそも私がイギリスに旅行しようと思ったきっかけは、このエジンバラでした。
偶然観たフランスのアニメ映画「イリュージョニスト」の舞台がこのエジンバラで
街の映像がとても綺麗で素晴らしかったので、どうしても行きたくなったのです。

実際、着いてみると、想像以上に美しい街でした。
51.jpg55.jpg50.jpg
53.jpg62.jpg63.jpg
↑街のあちこちで、バグパイプを吹いてる人がいたり。


まさに、1度は童話や映画で見た古いお城のような建物のオンパレード!
街並に感動しつつも、まずは荷物を置いてエジンバラ城に行ってみました。


CIMG6983.jpg
エジンバラという街は、街自体が丘陵地帯になっているので
このエジンバラ城も小高い丘の上に建っています。
なので、見晴らしがイイ!


57.jpg56.jpg60.jpg
59.jpg58.jpg
砲台から、街が一望できます。


ただ、お城の外も中もものすごい坂で、ただでさえ旅行5日目の疲労困憊の
身体には、かなりキツいものがありまして…
お城を出るころには、HPが5くらいしか残ってませんでした…orz

少し休みながら、それでもあと1つだけ、どうしても行きたいところがあったので
重い身体を引きずりながら街の中心へ。。

向かった先は、カールトン・ヒルという、丘の上の公園です。

61.jpg
ここも、ずっと坂…。
ぜえはあ、ぜえはあ…


CIMG7153.jpg
つ、ついた…。

カールトン・ヒルも、エジンバラ城同様、丘の上にあるので、
とても見晴らしがよく広いので、とても気持ちいい緑の公園なのです。

↑のように、パルテノン神殿をイメージしたものや
ネルソン記念碑(灯台のようなもの?)など建造物もあり、
ここにいるだけでリラックスできる、私にとっては癒しのスポットでした。。

特に、景色がさいこう。
CIMG7175.jpg
CIMG7173.jpg
CIMG7114.jpg
↑街からみた感じ。(真ん中のが、ネルソン記念碑)

青い空に、澄んだ空気。
海の向こうの陸地が見えるくらいの見晴らしで、
その景色をもう、何時間でも見ていたくなるくらい、
静かな感動が、私の心の中に渦巻いていました。

あぁ、本当に、来てよかった。

エジンバラの空気を、存分に満足しながら、ホテルに帰りました。



…その後は、あまりの疲労ですぐにダウンしてしまい、
ごはんも食べずに朝まで泥のように眠ってしまいました。

翌日は、朝からまた列車に乗ってロンドン→ヒースロー空港まで行って
とうとう日本に帰ります。
エジンバラで、もっと見たいスポットがあったけど、
今回は、自分がこの街の空気に触れられたことだけで、満足できました。
日本からは遠いけど、またこれたらいいな。

64.jpg

この旅で、いちばん心揺り動かされた1日でした。



[最終日]
エジンバラ→ロンドン→ヒースロー空港→→→→→→日本(成田)

いよいよ帰国の日です。
この日は10時には列車に乗らなければいけなかったので、すこし早起きして
もう一度エジンバラの街を目に焼き付けるように散策しました。

CIMG7235.jpg
学校を発見。

早朝の散策はいいですね。人もいないし、街がまだ眠っているので
同じ場所でも昼間とはまた違った印象に見えるのがおもしろい。

CIMG7250.jpg
人っこひとり、歩いていません。とても静か。


CIMG7330.jpg
そして再び、カールトン・ヒルにも。
とっても名残惜しかったです。。



CIMG7344.jpg
ホテルに戻り、朝食を食べて、チェックアウト。
詳しくは書けませんでしたが、ここで泊まったホテルもすごく快適で、
従業員の人も皆やさしくてよかったなあ。

そして、昨日乗ったばかりの列車に乗り込みます。

CIMG7349.jpg
今日は少し、曇り気味。


CIMG7367.jpg
今回は、窓から海がずーっと見えてました!
海沿いを走る列車です。いいですね。

列車の中で、色んなことを考えました。
昨日のこと、明日のこと、これからのこと…。
旅と日常をくり返し、反芻しながら、列車はロンドンへ向かっていきます。


いざロンドンに戻ってからは、もうバタバタで、
すぐにヒースロー行きの地下鉄に乗り換え空港で友達と待ち合わせ。

彼女もちょうど同じ日に、5ヶ月の留学期間を終え、帰国するからです。
便は違うので、空港で短い別れを済ませて、私は先に帰国の途に着きました。

…このイギリス旅行は、もともと彼女がロンドンに留学していなければ
実現しなかったものです。私は彼女がいるから、旅行を決断しました。

そして滞在中も、全くノープランな私にずっと付き合ってくれて
本当に頼もしい相方でした。迷惑かけまくってごめんね…
あ~ちゃん、ほんとにありがとう!!


さあ、こんな感じで、今回の旅は終了です。
長い間お付き合い頂き、皆さんもありがとうございました。

次に違う国に行けるのはいつになるかわかりませんが、
その時が来たら、またお付き合い頂ければ幸いです。
ではまた。

CIMG6806.jpg
またくるにゃー。



2011/08/27(土)12:34

«  | HOME |  »


プロフィール

コンドウカヨ

Author:コンドウカヨ
クレパス画家
神戸出身、東京在住
北欧好きの絵描きです
ラジオ大好き。
ちょいでぶ猫たけさんと
2人暮らししてます

イラストレーションサイト
http://pieni.web.fc2.com/

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。