スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

少し、おちついたので

1つ前の記事が新年のご挨拶だったことにちょっと反省しています。
コンドウカヨです。私は今日も元気です。


3月11日に起きた、東日本大震災ですが、私も東京にいるので被災しました。

私はちょうどバイト先で地震に遭いました。
幸いケガなどもなく、家もたけちゃんも無事でした。


最初は視界が揺れて、「自分がめまいを起こしているのか?」と思いました。
でも違いました。 地面が、壁が、全てが揺れているのです。
そのうち地鳴りのような、ズズズズ…という音もし始め、
いよいよやばい、と思ってからも地震はおさまらず、
隣の店の女の子は、悲鳴をあげて、しゃがんで震えていました。

後のニュースで最初の地震はほんの数分だったと知りましたが、
私には、何十分も揺れていて、このまま終わらないんじゃないかと思うくらい
この揺れている時間は恐ろしく長いものでした。

揺れがおさまってからも、もちろんケータイは全くつながらない。。
(でも、お店の普通電話は繋がったので実家にはすぐ連絡できました)

しかも店の業務があるし、帰りたくても電車は全線ストップ、
復旧はいつになるかわからない、と言われ
東京駅の周りは帰れない人たちで溢れ、騒然としていました。

とりあえず飲み物を、と思ってコンビニに行くと殆ど売り切れで、
パンやお弁当もすっからかん。

いつも人通りの絶えない東京駅が、いつもの10倍くらいの人だかりになっていて
飲食店にもホテルにも入れなかった人たちが通路や階段の脇に座りこんでいて
タクシー乗り場にも、公衆電話にも、ケータイショップにも、
ものすごい数の行列ができていて、そしてみんな疲れきっていました。

私は何とかその日のうちに地下鉄を使って(JR線は全てこの日終日運休だった)
家に辿り着いたのです。…が、

家の中は、まさに泥棒に入られたみたいにぐちゃぐちゃで
足の踏み場がない状態。
一番心配だったたけちゃんは一応ピンピンしていてほっとしましたが、
もう、何からどう手をつければいいのか…と呆然としてしまいました。

うちには何度も言ってますがテレビがないので
自宅で被災地の状況を見ることはできなかったのですが、
東京駅の街頭テレビなどで見た津波の映像は信じられないもので
この世の終わりだと思うような映像でした。



-----これが、地震1日目の私に起きた出来事の全てです。
今は少し落ち着いて、当時の印象が薄れないうちに書き留めておこうと思い
生存報告も含めて、ブログに起こしました。


今日まで、メールや電話をくれた方々、本当に心配かけてすみません。
そしてありがとうございました。
とりあえず、私、生きてるし、普通にバイト行ってごはん食べられてます。

どうしようもないこの状況だけど、今はそうすることしかできません。

すごく自分が無力で嫌になるけど、
いま東北で必死で生きようとしている人たち、
原発を何とかしようと死ぬ気で頑張っている作業員や自衛隊の方々のことを
心から祈っています。

そして自分に今できる少しのことを…
買いすぎず、貯めすぎず、節電を心がけます。


だから、できるだけ早く、事態が終息に向かいますように。


長々と、失礼しました。
これからはいつも通り書きます。


日々2011/03/19(土)22:24

«  | HOME |  »


プロフィール

コンドウカヨ

Author:コンドウカヨ
クレパス画家
神戸出身、東京在住
北欧好きの絵描きです
ラジオ大好き。
ちょいでぶ猫たけさんと
2人暮らししてます

イラストレーションサイト
http://pieni.web.fc2.com/

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。