スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ヒストリエ6

さて、今日は久々に漫画のお話でも。




ヒストリエの6巻が発売されましたね!




「ヒストリエ」は、現在アフタヌーン誌で連載されている歴史漫画で

紀元前、後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの
波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作 です。


作者は、あの「寄生獣」の岩明均氏。
面白くないはずがありません。


独特の不気味な人物描写や残酷表現が、テーマとマッチしていて
やっぱさすがだなぁ~と、毎回唸りながら読み進めております。


ストーリーはもちろんのことですが
ギリシアやマケドニア、ペルシアの国それぞれの文化の違いも
戦闘スタイルや奴隷の扱い方などで細かく説明されているので、
非常に興味深い!

エセ歴女にはたまらんです。




…ふと気付くと、何だか最近、歴史漫画がアツイような気がします。


コチラはギャグ漫画ですが今話題の「テルマエ・ロマエ」




イタリア文化と日本の風呂文化の融合?的作品。
こんな奇想天外な発想、作者にしか思いつけないよー!
という感じで、大爆笑必至! 私も大好きです。




同じイタリアの歴史モノなら、
惣領冬実さんの「チェーザレ」もいいですね。




こちらはガッツリ超大作!という感じですが、
重厚で難解な話と、超美麗なイラストのバランスが実に合っていて
(登場人物の美しさがハンパない。皆さま正に彫刻並みです)

歴史好きでなくとも、物語にグイグイ引き込まれてしまいます。








私的に、史実を様々なメディアで表現するというのは
色々な制約や、元からのファンの方々の厳しい目やら何やらがあって
なかなか面白いものを作るのは難しいと思うのですが

その作家さんのこだわりや、独自の解釈を展開するのには
漫画が1番向いてるんじゃないかなと思っています。



押し付けがましくなく、ある程度のファンタジーが許される境界が
実によい匙加減で、読んだ後の余韻を充分に楽しめるというか…

映画だと、どうしても演じてる俳優さんのイメージとかに左右されちゃうし
小説は、文章を追うのに必死で登場人物の全てを把握しきれなかったりするので…
(まあそれはそれでまた別の楽しみがあるのですが)



ただ、大作となると何年も話の続きを待たなくてはいけなかったり、
もう何十巻も出ている名作とかなら読み始めるのが大変なのが
ちょっと困りものではあります。



ずーっと気になっているこちらの漫画↓、ぼーっとしてたらいつの間にか
もう17巻も刊行されていました…




「キングダム」は、中国春秋戦国時代のお話です。
私が働いている時、cluetoの漫画博士ことオーナーのきたがわさんが
超オススメしてた漫画です。

各方面で大評判を聞いてるので、すごく読みたいんですが…17巻…
う~漫画喫茶に何回通わにゃならんのだろう。


誰か持ってる人いたら貸してください…








とか言ってたら、今日はほんとに漫画の話しかしてないぞ!
かわいい猫画像を楽しみにして下さってる方がいたらすみません。

でも私、ほんとに漫画が好きなんです。

だから、これからもちょくちょくこういう話を暑苦しい感じで
話していこうと思っています。誰も聞きたくなくても勝手に話そ。


いや~漫画って、ほんとにいいものですね~
(水野晴郎風に言って、終わる)








まんが | コメント(0) | トラックバック(0)2010/06/08(火)14:09

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

コンドウカヨ

Author:コンドウカヨ
クレパス画家
神戸出身、東京在住
北欧好きの絵描きです
ラジオ大好き。
ちょいでぶ猫たけさんと
2人暮らししてます

イラストレーションサイト
http://pieni.web.fc2.com/

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。